当院について【初めての方へ】

当院は宮城県(保健所)に届出を行い、鍼師・灸師・あん摩マッサージ指圧師国家資格を有した院長が施術を行う信頼のある治療院です。
法律や保健所等からの指示・指導に則り運営しております。

《「ぴりか」の意味》

“ぴりか”はアイヌ語で「良い」と言う意味があります。院長が道産子ということもあり、皆様のお身体が健康で、そして辛い症状がある時は少しでも良くなって欲しいという願いを込めて、この言葉を選びました。治療院のアイコンは「フクロウ」。
道産子でありながらアイヌ文化はサラッとしか知らないのですが、「村の守り神」として敬われてきました。札幌のサッカーチーム「北海道コンサドーレ札幌」のシンボルマークもフクロウがマスコットになっていたり、企業の繁栄を願う象徴にされたりしています。

《診療受付時間》

新型コロナウィルス感染拡大予防を含め暫くの期間は下記のようになります。

曜日 診療対応受付時間(要予約)
不定休
10:30~最終17:00(完全予約制)
10:30~最終17:00(完全予約制)
不定休
10:30~最終17:30(完全予約制)
10:30(13:30)~17:30 (6/25から8/27:完全予約制)

不定休 ※(再来のみ:要問合せ)

※ご予約状況などにより不定休となる場合があります。
※上記時間以外(休診日)での対応についてはご相談ください。
※原則として火・水・金を営業日としていますが、それ以外の曜日や時間帯でも営業日とする事も多いので、最新情報は当院トップページのカレンダーやツイッターなどをご参照ください。土曜日営業は2022.8.27までの試験運用です。
※朝の冷暖房の観点から10:30からの施術となります。

《ご予約について》

当院では完全予約制で施術しております。
ご予約方法は下記いずれかの方法でお願いしております。

①当ホームページからのご予約 ⇒ こちら
 返信メールが迷惑メールに振り分けられることがございますので、そちらもご確認ください。ご希望日の前日までにご予約可能です。
「応相談(あるいは定休)」と設定されている日に関しては下記②か④でのご連絡をお願い致します。当ホームページから予約したキャンセルは、こちら からお願いします。

②当院公式LINEチャット(トーク)からのご予約(公式アカウントはこちら)
 お誕生日クーポンも設定しております。
 トークは自動返信設定をしております。後程、院長より日時調整についてご返信致します。

③「しんきゅうコンパス」サイトからのご予約 ⇒ こちら
 システムの都合上、当ホームページの予約枠と異なる部分もあります。
 ご希望日の前日までにご予約入力をお願いします。
 しんきゅうコンパスサイトでご予約された場合、ご予約変更やキャンセルに関しても「鍼灸コンパスサイト」で可能です。
 初めて「しんきゅうコンパス」からご予約頂いた方は初回のみ2割引きとなるクーポンを設定しております(クーポンは「ぴりかコース」のお申込時のみ適用)。

④お電話
でのご予約 ⇒ 080-9588-7148
 ご希望日時の2時間前までにご連絡ください。
 ※施術対応中や番号非通知電話に出られません。
 ※お電話でのお申込は平日10:00~18:00となっております。
 ※現在、留守電機能が無いため、お手数ですが下記メールでご連絡ください。
 ※その場合、お手数ですが メール で直接お問い合わせください。

<注意:新規ご予約の無断キャンセルについての当院対応>
無断キャンセルは他の方々のご迷惑となってしまいますので、やむを得ない事情を除き、前日までのキャンセルをお願い致します。また、ご連絡も無くお申込みご予約時間より20分過ぎた場合は、一度当院よりお申込み電話番号に確認のお電話をさせて頂きます。やむを得ない事情を除き、振り替えご予約の希望等伺えない場合、今後当院での受療について見合わさせて頂く事もございます。


ぴりか治療院【営業日情報】ツイッター

当院で使用する鍼について》

すべて滅菌されたディスポーザブル鍼(1回限りの使い捨て)やパレット(使い捨てのはり置き皿)を使用しています。全て純日本製の鍼を使用しています。
治療に使用する鍼は髪の毛ほどの細いものです。

また、使用ごとに消毒する純日本製の”刺さない鍼”(てい鍼)や、小さな金属の粒でのツボ刺激、治療効果時間を長くする皮内鍼(パイオネックス)なども併用しております。

ディスポーザブルではないローラー鍼や刺さない鍼(鍉鍼)はお一人ごと使用後に超音波洗浄→高圧蒸気殺菌→紫外線滅菌を施しています。

《施術者ご紹介》

▶ぴりか治療院 院長:はせ共紘

【施術方針】
自律神経の不調からくる身体(骨格・循環・ホルモン・代謝)の歪み、また身体の歪みからくる自律神経の不調に対して、未病段階からの予防、辛さ・苦しさとして現れてきた症状の改善を目指します。
お身体の状態は、西洋医学・東洋医学の両面からご来院の都度確認させて頂きます。
西洋医学的な介入(検査など)を必要と判断した場合には、前職の放射線技師の経験を生かした「病院への掛かり方」をご説明した上で、それを加味した施術を行います。
古典鍼灸を大切にしながらも、西洋医学的なエッセンスを取り入れた施術を行っています。
慢性的な症状や後遺症の持続等でお悩みの場合、東洋医学的に虚証体質に傾いている場合が多く、強い刺激は逆効果。その場合、本来持っている自然治癒力を引き出しながら、弱い刺激で回数を重ねて改善に導きます。施術中に心地良さで眠ってしまわれる方も多くいらっしゃいます。
全身的に辛い部分の改善を目指すため、慢性的な痛みや不調、後遺症などにも施術回数を重ねる事で効果を発揮します
あん摩マッサージ指圧に関しても、ボキボキっとはやりません。骨格の微妙な歪みは、全身の筋肉の「運動連鎖」を応用した操体(自らの動きでバランスを取っていく方法)を取り入れています。鍼灸治療は、経絡治療・中医学などをベースにしています。
また、「せんねん灸セルフケアサポーター」として、お灸(台座灸)を使ったセルフケア指導にも力を入れています。
定期健康診断の結果やお薬手帳をご持参頂けば、西洋医学的な面での把握に役立ちます。
掛かり付け医ならぬ「掛かり付け治療院」(ホーム治療院)となれるよう、そして皆様の健康的な生活を支援できるよう、あらゆる角度からサポートする事を心がけています。

【プロフィール】
ぴりか治療院 院長長年、診療放射線技師として病院等に勤務。患者さんが苦痛を訴えているのに検査で異常は見つからないという事を何度も経験し、そんな中で東洋医学に出会う。症状の見方や捉え方を変えれば患者さんの感じる苦痛は軽減できるのではないかと思い、鍼灸師の道を志すことに。

はり師・きゅう師の免許取得後は整形外科にて放射線業務(一般レントゲン撮影・MRI撮影など)に従事しながら鍼灸治療を兼務。主にリハビリテーションで手を尽くしても効果の得られなかった患者さんを受け持ち、鍼灸治療で少しでも改善していく様子を実感。その後、東北大学の研究室にて脳科学研究の技術支援に従事しながら、訪問による鍼灸治療「はせ鍼灸ケアルーム」を開始。
これまでの経験から、西洋医学と東洋医学の両面から病状を考え、最適な治療をご提案し、患者様と共に少しでも苦痛が改善されるよう心がけています。
2020年、新たに「あん摩マッサージ指圧師」(国家資格)を取得した直後に大病を患い入院したことを切っ掛けに、ご時世に合わせた体制(ベッド2台体制から1台に変更)に運用を大幅に見直し「ぴりか治療院」に改名し再スタート。

★北海道函館市出身

<保有国家資格・所属>
はり師、きゅう師、あん摩・マッサージ指圧師
診療放射線医師、医療情報技師
元経絡治療学会所属
元日本放射線技術学会所属
仙台商工会議所会員
全国鍼灸マッサージ協会所属
せんねん灸セルフケアサポーター
書道準4段、趣味は音楽制作

院長の施術メニューはこちら

▼はせ院長施術のご予約・ご相談は
お電話 080-9588-7148 でも受け付けております。
※施術対応中や番号非通知電話に出られません。
お電話でのお申込は平日10:00~18:00となっております。
※現在、留守電機能が無いため、お手数ですが下記メールでご連絡ください。
※その場合、お手数ですが メール で直接お問い合わせください。
Googleで開設しているホームページからもお問合せ可能です。
※paypay、au PAY、d払い、ゆうちょペイ、ファミペイが利用できるようになりました。
※企業(特にセールス)の方へ:こちらをご覧ください。

★メールでのお問合せ等について★
上記メールアドレスからのご返信になりますが、お使いのアプリや通信会社によっては自動的に迷惑メールフォルダーに振り分けられてしまう場合がございます。
ご自身のケータイ(メールアプリ等)で受信可能な状態に設定して頂くことをお勧めします。

▼ぴりか治療院LINEアカウント
 https://lin.ee/J5OvWk4 (ID:@pirika)
 ※半自動自動応答でのご返信も行っております。
 ※LINE電話は受信できない設定になっております。

《院内の様子》

※感染症対策のため患者さんお一人お一人貸し切り状態(プライベート治療院)でのご案内となります。そのため、完全予約制とさせていただき、施術前後には待合室の椅子の消毒や施術ベッド等の消毒を行っております。
また、施術後のお茶サービスなども現在は中止しております。

▶更衣室
玄関入るとすぐ横に更衣室スペースを設置いたしました。
上着やコート、かばんなどをこちらで着脱し収納してください(現在使用中止)。

 

 

 

▶待合室
予約の完全個室制に移行したため、他の方との接触も無く、出来るだけ寒さを感じさせない工夫をし、窓開けと換気扇・サーキュレータにて常時換気しています。
また女性の方でも安心して施術が受けられるよう努めてまいります。
検温しながら新型コロナ等感染症に関する問診票や、治療・施術に使う問診票の記載をお願いしております。
※受付カウンターの飛沫防止ビニールは、室内換気の妨げになるため設置しておりません。

▶施術スペース
当院の施術スペースはプライベート治療院の形式のため1つです。施術ベッドには受注扱いの電気ホットマットを導入。
窓を開けての換気でも寒さをあまり感じません(二段階換気の構造になっています)。
※室温の感じ方には個人差がありますので、都度対応いたします。
また、この電気ホットマットはアルコールでの清拭が可能となっており、患者様の御退出後毎回アルコール消毒をしております。施術の際は、施術襟側に空気清浄機を移動して稼働させています(現在ベッドカバーは使用しておりません)。

施術の流れ

感染予防のため、現在は原則として以下の流れになっております。
初診受付の場合、本人確認のため身分証明書(運転免許証か健康保険証)の確認と複写をさせて頂きます事を予めご了承ください。

1.上着などは更衣室で着脱して頂きます。脱いだものは専用のビニール袋に収納して頂きます(ご使用されたビニール袋はお持ち帰りになります)

2.手指消毒後、①「感染症に関わる(新型コロナウィルス含む)専用の問診票の記入」をお願いしております。
ご記入頂きながら体温測定(脇の下)と血中酸素濃度(左人差し指)の測定を行います。
※体温計と血中酸素濃度計は使用前後でアルコール消毒しております。
発熱症状がある場合、新型コロナ有無に関わらず施術が出来ないことを予めご了承願います。

3.引続き、②鍼灸治療に関する同意書(説明)③施術用の問診票の記入をお願いいたします。
※③は、お辛い部分(改善したい内容)と一見関係の無さそうな質問項目もございますが、東洋医学は全身のバランス状態を意識するため出来るだけ詳細にご記入いただけると幸いです。お薬手帳を持っていらっしゃる方は確認させて頂けると参考になります。

 

4.問診票を確認しながら、全身状態や辛い症状などを更に詳しくお話を伺います。

5.施術着への着替えを行います。
※鍼灸治療専用に作られた施術着(背中側がマジックテープで止められているタイプ)もご用意しております。またハーフパンツも各サイズご用意しております。
※お着換え中、施術者はカーテンの外で待機・準備しておりますので、お着換えが終わったらお声がけください。
※下着類は付けたままで大丈夫です。

6.血圧測定を行った後(計測しない場合もあります)、必要に応じて関節などの動きの具合、姿勢、筋肉の張り具合などを確認し、両手首同時に脈を取らせて頂きます。また、お腹の圧痛具合を確認したり、特定のツボを押したときの反応などを確認いたします。必要と判断した場合には、反射の状態を確認いたします。
施術方針を決めた後、施術を開始いたします。
※どんな症状においても基本的に行いますが、症状により省略する場合もございます。



7.施術終了後、再度血圧測定を行います(行わない場合もございます)。

8.お着換え後、会計・次回ご予約などを行い退室となります。

例年と異なり、今年は施術者側だけではなく利用者の皆様にも感染対策のご協力をお願いしなければならない状況です。当院では院長の病院勤務で培った感染対策の考え方を取り入れております。床に線引きまではしておりませんが、ある程度「ゾーニング」を設定しております。
また、入退室時以外でも状況によっては何度か手指消毒をお願いすることもございます。お手数をお掛けする場面もありますが、ご協力のほどよろしくお願い板sます。

感染症対策について(新型コロナウィルス対策含む)

普段より感染対策には細心の注意を払っておりますが、COVID-19流行を機に徹底的に見直しを行い、病院等で行われている感染対策を取り入れ、より一層強化し施術しております。ご不便をおかけすることもあると思いますががご理解とご協力をお願い致します。ご理解、ご協力頂けない場合は入室をお断りする場合がございます。
※以下「ぴりか治療院 感染対策指針」より一部抜粋


●患者さん同士が同一空間に居合わせないよう完全予約制とし、ご予約時間の調整をさせて頂いております。どうしても付き添いが必要な場合はお申し出ください。

●お一人約60分~90分の施術時間となっていますが、施術後に施術ベッドなどの消毒充分な換気(二酸化炭素濃度計で計測)を行っております。また診療受付時間も、当院の立地条件により短縮させて頂く場合がございます。室内二酸化炭素濃度400(当院最低値)~500ppmの状態にした上で次の患者さんをお迎えしております。
(施術所要時間に変わりありませんが、この作業のため概ね2~3時間にお一人の予約で調整しております。)

●院内の気流を考え、常に窓から外気を取り入れ、換気を行っております。また積極的に気流を発生させるためサーキュレータや空気清浄機を稼働しています。
※冬は寒さを感じさせないよう、エアコン、アルコール清拭可能なホットマット等を使用し快適な温度設定になるよう心がけております(現在は、敢えてベッドカバーやシーツは使用しておりません)。また、換気や気流の妨げになるようなビニールシートやアクリル板などは物理学的見地から、当院の構造的において効果が低いと判断し設置はしておりません。また施術中においても二酸化炭素濃度計の定期的に確認しております。

●ご来院の方にも入退出時の手指消毒、マスクご持参・装着をお願いしております。状況によりましては何度か手指消毒をお願いする場合があります。
※アルコール成分の含む消毒剤にアレルギーを起こした経験がありましたら、予めお知らせください(ハンドソープによる手洗いにも対応いたします)。
※布製マスクやポリウレタン製のマスクをされている場合、院内では不織布製のマスクに付け替えて頂きます。お持ちでない場合は、当院の不織布製マスクをお渡ししますので更衣室でご装着ください。使用後はそのままお持ち帰りご活用してください。

●施術者の手指消毒、飛沫感染の予防、健康チェックを徹底しております。

●施術者は常にマスク着用でご対応させて頂きます。
※シールドマスク(口先のプラスチック板)も予防効果が見込めないというデータに基づき、使用しておりません。また術者の手の皮膚状態により薄手の医療用ゴム手袋(使い捨てタイプ)を着用して施術を行わせて頂く場合がございます。美容鍼の際、患者さんのみマスクを外しますが、その間は稼働中のサーキュレータの他に小型のサーキュレータを別途稼働し施術エリアの気流・換気を促進させています。

●また患者さんにも検温、感染症等に関する専用問診票記載、SpO2の測定をご来院毎に毎回行いますのでご協力お願いいたします。
※発熱症状のある方は感染の有無にかかわらず、鍼灸指圧マッサージの治療対象とはなりませんので予めご了承ください。当院測定器でSpO2が96%未満の場合、施術を見合わせる場合がございます。

●治療に使われる刺す鍼は全て使い捨てのタイプです。特殊な刺さない鍼はお一人ずつ施術終了後に超音波洗浄・煮沸(高圧蒸気殺菌)・滅菌効果の高い波長を使った規定の紫外線照射を行っております。施術で用いるバスタオル・手ぬぐい等も施術ごと(お一人ごと)に変えております。

●指圧按摩マッサージで使用する手ぬぐい等は、使用毎に効果の違う2種類の洗剤を用い洗浄したのち、煮沸(高圧蒸気殺菌)処理しております。

●低周波装置の電極パッドは全て1回限りの使い捨てタイプを使用しております。

●新型コロナウィルス対策に限らず、感染症対策は「スタンダードプリコーション」の考え方を有効に取り入れております。

●仙台市・宮城県・国の方針に沿う形式で運用します。
(ワクチンも4回接種済みです。)
●COVID-19に関して西洋医学と東洋医学の面から常に最新の情報を得るよう努めております。

ご不便をおかけいたしますが、何卒ご協力をお願い致します。